そもそもスカルプチュアって何?意味や種類を徹底解説

アクリルスカルプチュア

最近はスカルプチュアってよく耳にしますよね。

「名前は聞いたことあるけどどんなものかわからない。」

「どんな種類があるの?」

「オフはどうするの?」など様々な疑問にお答えしたいとおもいます。

スカルプチュアとは

スカルプチュアとは:付け爪の一種で自爪の上にアクリルやジェルなどで爪の長さを出したり、割れた爪を補修したり弱く折れやすい爪の強度を増す役割があります。

一言で言っちゃうと長さ出しですね♪

スカルプチュアの種類

スカルプチュアには種類があってジェルスカルプアクリルスカルプがあります。

ジェルスカルプ

ジェルスカルプチュアはご存知の通りライトで固まるジェルを使って長さを出して行くんですが、ジェルだったらなんでも良いわけではなく、長さを出すと強度が必要になってきますのでハードジェルやセミハードを使う方が多いと思います。

ジェルスカルプのオフ

ただハードジェルだとアセトンでは溶けなくて、全て削りでオフしなきゃいけなくなるのでオフが大変です。

今はアセトンで溶ける固めのスカルプチュアジェルも出てきましたね!

長さ出し用ではないソフトジェルでの長さ出しは爪ごと持ってかれたり割れたりする可能性もありますので私はオススメしません。

アクリルスカルプチュア

アクリルスカルプチュアはアクリルパウダー(ポリマー)とアクリルリキッド(モノマー)を合わせる事により化学反応(重合反応と言うみたいです。)を起こして柔らかい粘土のようなミクスチュアを作り、爪の上で形成して長さを出して行くものになります。

こちらは強度は抜群にあり、私もよく使うのですが結構長めに作って激しめに爪に負担をかけても全然折れたり割れたりしません。

ただ柔らかい時間はほんの僅かしかなく、どんどん固まって行ってしまうので施術には相当な練習量が必要になります。

その他にデザインスカルプと言う名前もあり、

これは名前の通り長さ出しをしながら様々なカラーパウダーを使ってデザインして行くやり方です。

長さ出しとデザインが一気に出来るので時間がかかると言われるアクリルでもとっても時短になります。

ネイルストさんの技術は本当にすごいです。

見てて惚れ惚れします。さすが職人ですよね♡

アクリルスカルプのオフ

オフはアセトンでもできますが、やはりソフトジェルより強度がある分何度も削って、浸して、削ってを繰り返すので自爪の負担は大きいです。

最近はアクリルでも強度のあるベースジェルでもオフではなくフィルインと言う手法を使ってる方も増えました。

フィルインとは

アセトンは一切使わず、ネイルマシンなどでアクリルやベースジェルの層まで削って伸びたところだけを足します。

このやり方で自爪の負担はグッと減るので、おすすめしているサロンもたくさんあると思います。

ただこのフィルインは永遠にできるわけではなく、何ヶ月も自爪の上にアクリルやジェルが乗ってるわけですから隙間から菌が入り、グリーンネイルや爪の病気になってしまう可能性がありますので、2〜3回に一回は付け替えが必要です。

フィルインはネイルマシンの技術も必要になってきますので(ファイルでもできなくはないけどとっても大変だと思います>_<)

セルフでするとしたら中級者〜上級者向けだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

長さ出しやってみたいと思ってもなかなか手が出せない方もいると思うんですが、ぜひ気軽にやってみて欲しいんです。^ ^

今はドンキホーテなどにも売っているみたいなのでだいぶ手が届きやすくなったと思います。

一回で上手にできるわけでは無いんですが何回も練習すればセルフで長さも自由自在です♪

最初はピールオフなどを塗って練習でも良いので♡

長い爪は色々言われたりしますが本当に楽しいです。

ネイルって私は自己満足だと思ってます。

私も長い爪で色々言われて嫌な思いしたことありますが、気にする必要無いです。

自分がしたい事をやって良いと思います♡

あ!ショートネイルが好きな方に無理強いはしてないですよ♡♪( ´▽`)

今回もありがとうございました!

クリックご協力よろしくお願いします!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました