春ネイルにピッタリ!クリアフレンチのやり方♪

今年の流行でもあるクリアフレンチ。

暖かくなってきてネイルが楽しい季節になってきましたね!

少し手を加えるだけで可愛くなるクリアフレンチのやり方を今日は紹介したいと思います。

今回は下の画像の中指と薬指を紹介したいと思います。

中指はハードジェルで長さだし、薬指はあらかじめ長さ出ししてある状態です。

用意するもの

1、ベースジェル&トップジェル

2、お好きなカラージェル(お好みでラメも♪)

3、長さだしをするので‥ネイルフォーム

4、ハードジェル

5、ネイル用の筆

6、ファイルorエメリーボード

7、ネイルパレット(アルミホイルでも可)

8、キッチンペーパー等

9、ジェルクレンザー

やり方、手順

カラーの調色

今回はグレースジェルのjelly pinkとjelly purpleにマティエールのラメを混ぜてみました。

グレースジェルのjellyシリーズ。透け感タイプですごく綺麗です♡

こんな感じで作ってみました!

ベースジェルを塗る

根元から先端まで満遍なく塗りましょう^ ^

ハードジェルでの長さ出しをするやり方

カラージェルを塗布する

一度塗りでは思うように発色しなかったので二度塗りしました。

根元、先端まで均一に塗りましょう。

ネイルフォームを装着する

ここでの注意点は、ストレスポイントまできちんと覆うように装着して下さい。

ストレスポイントとは

亀裂が一番入りやすい場所で爪のサイドのピンク色と白色の境目の部分のことを言います。

ハードジェルにて長さ出し

私はこれを使っています。長さを出すには強度が必要なので粘度が高く、操作しにくいですがハードジェルをオススメします。

ibdの buildergel オススメです!

このようにストレスポイントまで覆うようにして長さを出していきます。

今回私はフレンチ部分もラメを入れたかったので最初は少し薄めに塗りました。

二度目にラメを入れて、ラメの上に覆うようにハードジェルを乗せていきます。

写真のようにガタガタになっても焦らない焦らない。笑

とにかくストレスポイントをジェルできちんと覆うこと。

そしてなるべく均一に。

形は削りで整えられるので、これを守っていればグダグダでも大丈夫です。笑

この後硬化してフォームを外した姿がこちら♪

ガタガタでヨレてるし、まぁーーー酷い。笑

ここからピンチを入れて削って形を整えます。

形の整え

なんとか整えられました。

ファイルで表面も少し削ったので曇って見えますが、トップジェルでコーティングするとまた輝きを取り戻すので大丈夫です。

次は、あらかじめ長さ出ししてある薬指をやりたいと思います。

アクリルなどで予め長さ出ししてある場合のクリアフレンチのやり方

カラージェルを塗布する

この時はクリアの部分は塗らずに爪のピンクの部分のみ塗ります。

細めの筆で塗る方が塗りやすいと思います。

写真のように一度塗りでは均等に塗れなかったのでこちらも二度塗りをしました。

ここで硬化します。

クリアの部分のデザインをする。

私はラメを入れたかったので、薄くクリアジェルを塗りその上にラメを散らしました。

ラメを散らさない場合はそのままクリアジェルで全体を覆って大丈夫です。

その時、横から見てカラージェルとクリアの部分の段差が滑らかになるように覆って下さい。

トップジェルででコーティング

2本ともファイルで形を整えてトップジェルでコーティングが終わりました。

これで完成でも良いのですが、私はパーツを付けていきたいと思います。(パーツを付ける時間が一番好き。笑)

はい。そして出来上がったのがこちらです。ここまでストーン付けるならラメ入れなくて良かったかなぁ…と猛反省中(少しやり過ぎました。。。ハデハデになっちゃった。。笑)

まとめ

いかがでしたか?

やってみたら意外と簡単なクリアフレンチ。

これから暖かい季節にもなってくるのでカラーの部分を透け感あるブルーにすると涼しげで可愛いですね。

フレンチの部分に押し花を入れても可愛いですしアレンジ無限大なのでぜひやってみて下さい!^ ^

クリックご協力よろしくお願いします!


美容・ビューティーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました